心がほかほか、『衛宮さんちの今日のごはん』

1月25日から、AbemaTVにて『衛宮さんちの今日のごはん』が始まった。
『衛宮さんちの今日のごはん』は、『fate/stay night』のスピンオフ漫画で、主人公の衛宮士郎がサーヴァントたちにごはんを作るという漫画だ。
料理漫画が元々好きなので、元の漫画およびアニメである『fate/stay night』は全く知らなかったのだが、絵の可愛さと作りやすいレシピ、そして毎回ほのぼのとしたキャラクターたちの日常生活が描かれているのが気になって読み始めたら、見事にハマってしまって読み続けている漫画だった。
そのため、アニメ化が決まったと聞いたときは飛び上がるほど嬉しかったものだ。

アニメ自体は15分と短い枠組みだが、漫画のほのぼのとして柔らかい日常風景が見事に再現されており、夜9時からの放送にはぴったりな優しいアニメに仕上がっていたし、オープニングの歌も優しい歌声とテンポの良い曲で、聴いていて心地が良かった。
早くも来週が待ち遠しい気分で、そわそわしている。

京阪の豪華車両が仇となってしまった残念な事故。

京阪電車で酒に酔った乗客が二階建て車両の階段から落ち、その階段の下に座っていた女性に当たってしまい女性が障害を負ってしまうという悲しい事故がありました。この女性は仕事を辞めざるを得なくなり、働き盛りの年齢でありながら不自由な生活を強いられる事になり、京阪と相手の男性に対し損害賠償を求める裁判を起こしました。たしかに酒に酔って転落した男性には落ち度があり、それに関しては女性の言い分ももっともです。しかしながら京阪に対しての訴訟のコメントを聞くと、カーブが多く乗り心地が悪いにもかかわらず対策を行ったとの事です。これに関しては納得が出来ません。たしかに京阪電車はカーブの多い会社です。しかし乗り心地に関してはむしろ他の会社よりいいと言えるほどで、特に転倒するほど特別な路線でもありません。しかし私がこの女性の立場であればどうにかして賠償を受けようと思ったと思います。なぜならこれから一生不自由な生活を強いられる上に仕事にも制約が出来てしまいます。そうなると生活がかかっているので訴訟を起こさざるを得ないと思うのです。今回の事が過失であれどうであれ、こういった方は税金を使ってでも支えていかなければと思います。